2009年08月17日

乾燥肌の洗顔方法

乾燥肌の原因の一つに「加齢」があります。
10代の頃は、どちらかというと脂性肌だったと思うのに気づくと口の周りや鼻の頭などカサカサしています。
洗顔した後も突っ張った感じがして、ちょっぴり泣きたい気分になるのは私だけでしょうか?

汚れを落としたいが為にスクラブ入りの洗顔料を使ってゴシゴシ顔を洗ったり、熱めのお湯で洗顔したり・・・
知らず知らずのうちにお肌に悪いことばかりをしている人が多いのをご存知ですか?

お肌に負担を与えるような洗顔をすると、必要な油分まで取り去ってしまうんです。ですから、洗顔する時は指の腹でやさしく、ぬるま湯で洗うようにしてあげて下さい。

乾燥肌の洗顔方法ってものすごく気を使う必要があります。
だから、洗顔料の選択も慎重に。
洗顔料というものの多くは肌を構成している脂質まで取り込んで洗ってしまいます。

コレによって、肌のターンオーバーに狂いが生じてしまいます。
角質が自然に剥がれ落ちるのを待たずに洗顔料で無理に洗ってしまうと、まだ未熟な状態の角質層が表に出てきます。
はだ表面がまだ未熟な状態でむき出しになってしまうのです。
これでは乾燥肌が進行してしまいそうです。

一時期ブームになったピーリング。
めがね拭きで顔をこすると、驚くほど肌がつるつるスベスベになるので、私も良くやりました。
上記の説明から肌にとっては大迷惑な事だったというのがわかります。
無理に肌の表面にあるものをはがしてはいけません。

しかし夜の洗顔では、一日の汚れやメイククレンジングをしっかりと落とすためにも洗顔料を使用した方が良いです。
だらだらと長く洗い続けるのではなく、ぱっぱっと、できるだけ最短時間で済ませるようにするのがポイントです。
もちろん洗顔をした後にはすぐに保湿、保護する事を忘れないようにしないと、洗い終わった直後から皮膚からの水分蒸発が始まっていますので要注意です。


お肌のお手入れの基本はまず「正しい洗顔」ですから、特に乾燥肌の人には大事な事です。
肌がもともと持っている保湿成分、皮脂などは、洗顔料などで分解して落とさなくても、水だけですぐに落ちてしまいます。
ラベル:乾燥肌 洗顔
posted by aya at 00:00| 乾燥肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。