2009年08月20日

乾燥肌の対策

寒ーい冬は乾燥肌の方にとって憂鬱な季節です。
お肌がスベスベしているように見えるのはお風呂上がりだけ。
クリームを塗るなど保湿をしなければ、あっという間にカサカサ肌に早変わりしてしまいます。

カサカサなんていい方で、ガサガサしていて、触ると角質が剥がれ落ちるようなそんな悲しい状態になってしまうのが乾燥肌なんですね。
しかも、痒いし気分は最悪です。

保湿して布団に入り眠っていても、腰回りとか背中とか無性に痒くなってくるんでしょうね。
無意識に腕・背中・腕・腰回りなどを掻きながら寝てるようで、朝になるとシーツに血が点々と付いていたりします。

この厄介な乾燥肌。
これは何が原因なんでしょう?
食べ物?
遺伝?

人によって乾燥する原因は様々でしょう。
遺伝もそのうちの一つだと思われますが、下記のようなことも考えられますので乾燥肌の対策の参考にして下さい。

●外気の乾燥と湿度低下
 せっかく水分を持っているお肌が、カラカラの外の空気に向かってドンドン蒸発してしまいます。

●新陳代謝能力の低下
 肌の入れ替わり周期が正常に機能しなくなると、本来古い角質が剥がれ落ちて新しい肌が出てくるべき場所に、その古い角質が付着したままになり、カサカサ状態になります。
●食事バランス
 偏食をしたりダイエットできちんとした食事を取っていないと、皮膚が必要としている十分な栄養素を届けられなくなり、皮膚にうるおいがなくなってしまいます。

●ストレスなど
 ストレス・睡眠不足・疲労等は、血液の循環が悪くしてしまうため、乾燥・肌荒れを起してしまいます。

原因がわかったら、それをおぎなう事をすれば乾燥肌対策になります。
きちんとした生活習慣と、乾燥している肌にも栄養をきちんと与えれば、肌はすぐに喜んで結果を見せてくれることと思います。
ラベル:乾燥肌 対策
posted by aya at 00:00| 乾燥肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。