2009年08月13日

乾燥肌の原因

人間の皮膚にはセラミドという、成分が存在します。

テレビの化粧品のCMなどで、「角質層」って言葉を耳にしたことありませんか?
セラミドはその角質層の中にあり、外部からのウイルスや細菌、化学物質の侵入を防いだり、身体の中の水分が外に逃げないようにするなどの役目を果たしてくれています。

角質の層は、角質細胞という細胞が幾重にもなって構成されていて、それらひとつひとつをくっつけているのが「細胞間脂質」というんです。

その細胞間脂質の主成分がセラミドなんですね。

だから、この接着剤の役目を果たしてくれているセラミドが不足すると、乾燥肌になったり、アトピーを発症したりするんです。

セラミドが減少する原因として、環境の変化や気候の変化、加齢によるものが考えられます。


という事でセラミドを補うと良いといいますが、どのように補ったらよいのでしょうか?
手っ取り早く、セラミド入りの化粧水とかゲル状クリームとかをよく見かけます。
あとは、アトピー関連の会社がセラミド入りのこんにゃくゼリーなんかを出していて、とても高価だけどおいしかったです。
外から直接添付するだけではなくて、サプリメントで摂取するという方法もあります。

あとは、普段食べている食事からも摂取することができます。
大豆、米、小麦、ほうれんそう、キビなどにも含まれていて毎日少しずつ摂取できているとは思いますが、中でもこんにゃくには特別にたくさんのセラミドが含まれています。
生芋こんにゃく100グラム程度(セラミドの1日の必要摂取量は600マイクログラム)食べると必要量をまかなえてしまいます。
カロリーゼロでダイエットにもなって乾燥肌にも嬉しい食品。
冬場でしたら煮物やおでんにしたり、こんにゃくステーキ、こんにゃくサラダなど様々な調理方法で沢山摂取したいですね。
ひとつ注意する点を申しますと、「生芋」こんにゃくである事が重要です。裏面の原材料を見て「生芋」と書かれているものを購入してくださいね。
ラベル:乾燥肌 原因
posted by aya at 00:00| 乾燥肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

乾燥肌の化粧品

お肌の調子が悪いとファンデーションがうまく塗れません。
こういう日って一日、気分がブルーになっちゃうんですよね。
ファンデーションのノリが悪いと、人と顔を合わすのだって嫌になります。

隠そうと思ってファンデーションを厚く塗ると、余計に肌はかさつくし、老けて見えるからそれはやめた方がいいんですよね。

面倒でも化粧水や美容液などの化粧品を携帯しておけば、オフィスで更に肌が乾燥したって乗り切れます!
ファンデーションの上から重ねづけ出来るタイプの美容液を指でぽんぽんと優しくたたき込みます。
そして、その上からパフで押さえるようにして、ファンデーションを乗せるんですよ。
そうすれば意外とキレイにファンデーションが付くのでお試しあれ!

とは言え、出来ることならそんな苦労をしなくてもキレイなしっとりお肌でいたいですよね?

昔は石油系の化粧品が多かったので、使えば使うほど肌が乾燥してしまったりしていましたが、最近はナチュラルなものが沢山出ていますので、そういうタイプのものを使うように心がけて、しっかり水分を保ちたいものです。
水分が入り込んだお肌は、シワの部分が薄くなってくれて、結果そこにファンデーションがシワの線に沿って入ってしまうのを防いでくれます。

化粧水→乳液→下地クリーム→ファンデーション
が基本ですが、私は面倒なのでゲルクリームを塗った後に下地クリームでベースを滑らかにし、(UVカットも目的)それからファンデーションを塗っています。
ファンデーションのタイプには、パウダータイプ、水でも固形でも使えるタイプ、クリームファンデーション、リキッドファンデーション、スティックファンデーション、とにかく今は色々出ています。
乾燥肌にはやはりクリームタイプやリキッドタイプがオススメです。
乾燥肌用の、保湿効果があるファンデーションも今はあるみたいです。
あと、紫外線は乾燥肌を悪化させますので、下地でUVカットする事はかなり重要なポイントです。
ラベル:乾燥肌 化粧品
posted by aya at 00:00| 乾燥肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

乾燥肌のかゆみ

乾燥肌って、どういう状態のことを言うと思いますか?

肌の深部にある皮脂の量と、角質細胞間脂質という成分がかなり少なくなってしまうと皮膚から水分が蒸発しちゃうんですね。
こういう体質の方は痒くなったり、肌が白く粉をふいたようになります。
これが乾燥肌です。

乾燥肌の方によく見られるのがかゆみです。
痒みは我慢出来ないので無意識にどうしても掻いてしまいます。

掻き過ぎるとそこから細菌が入り込み、肌の状態が悪化してしまいます。
痒いのでまた掻く。
すると、痒い部位が広がるなどして更なる悪化の一途を辿ります。

例えば赤ちゃん。
赤ちゃんはちょっと目を離した一瞬のスキにカワイイお顔を鋭い爪で引っかいていたりします。
かゆみのない普通のお肌の赤ちゃんはそんな事がないのでとても羨ましいです。
我が家の子達は三人ともそんな感じですのでかゆみを紛らわせる為に、優しく手を持って踊ってみたりして意識をそらせる努力をしました。

そうやっていても本当に一瞬でものすごい悪化しちゃうので、そんなときには皮膚科に駆け込んで子ども達のステロイドを処方されてきます。
うちはアトピーもちの乾燥肌なので、ステロイドがあっという間に効かなくなってしまうので使用するときにはしっかり観察をしながら慎重に塗っていきます。

大変だけど、遺伝性だからしょうがないです。
我が家の子ども達の体質だと割り切って、日々の乾燥肌ケアに励んでいます。
同じ体質の子を育てているお母さん達、スキンケア頑張りましょうね〜。
ラベル:乾燥肌 かゆみ
posted by aya at 00:00| 乾燥肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。